図書館司書の求人

図書館司書の求人募集

図書館司書の仕事に就く為に資格を取ったほうが有利ですが、
一部では資格の無い人でも図書館司書につくことが出来る
求人
が出ています。

現在日本では地域によって図書館司書資格の有無を重視する度合いが
違うため、一般の求人として図書館司書の募集が出ることが
あります。

図書館司書の資格がある方が有利ではありますが、
きっちり情報収集すれば資格の有無に関係なく図書館司書に
なれます。

求人の数はそれほど多くありませんので、求人がでれば
すぐに連絡がもらえる図書館司書の求人情報が
得られるリクルートのはたらこねっとに登録しておくことを
おすすめします。
ここから、登録できます。
 ↓ ↓
はたらこねっと



もちろん、図書館司書の資格をもっている人には、司書資格必須の
図書館司書の募集もここから情報が貰えますから登録して
おくことをおすすめします。
正社員で図書館司書の求人を探すならリクナビNextが最適です。

ネットで簡単な履歴書を掲載しておくことで、図書館司書の仕事に
申し込むことができますから、資格の有り無しに関係なく、
利用すると便利です。

図書館司書の求人情報はなかなか手に入りにくいですが
リクナビNextは数少ない図書館司書の募集が入る
求人情報の1つです。

司書資格の有無に関わらず、これから司書の資格を取る方にも
まず情報収集と求人情報確保のため、確認しておきたいサイトです。


図書館司書の求人は、各大学や地方公務員の求人として募集
されることが多いものですが、自治体や私立学校の司書に
よっては通常の求人として募集されることが多いです。

そうは言っても、図書館司書の求人は絶えず出ているわけではなく、
比較的欠員の補充という形で募集がでることが多いため
非常に不定期に求人がかかります。


詳細・公式サイトはコチラ
 ↓
はたらこねっと

図書館司書の資格

図書館司書の資格を通信講座で取る

図書館司書資格を通信講座で取ると、
図書館司書の資格が手に入るのは当然としても
司書に必要とされる図書の分類や目録の作成、
レファレンスサービスなど、司書に必要な
知識とスキルアップができます。

昨今の図書館についてもIT化が進んでおり、マルチメディア
資料についても利用増え、図書館司書の仕事にも
幅が広がってきています。

そうした背景を受け、現在図書館司書の需要が増え、
あわせて新しい情報ネットワークへの転換期を
迎えている図書館司書の仕事が注目を集めています。


そういった情報ネットワークとしての
図書館業務についても勉強できるのがメリットです。
また、大学の行う図書館司書の通信講座で
規定要件を満たした専修学校専門課程を修了した場合は
大学への編入も可能なため、いろいろな可能性が
広がります。


図書館司書の資格を取るだけでなく、生涯学習の観点からも
他方面的な勉強と資格の取得が受けられます。
通信講座の資料を読むことでもより明確な図書館司書に
求められる技能とスキルといったものがわかります。
女性の転職者が多く、女性の退職者の少ない図書館司書の資格は
非常に人気があります。

通信講座についてはこのサイトから無料で資料請求することができます。
 ↓ ↓
図書館司書の通信講座

他にも科目等履修生として入学して、1年間で司書資格の
取得
をめざせるコースが人気です。
夏期スクーリングや学外スクーリングなど、時間や
場所が選択できるため全国の働きながら司書をめざす人に
学びやすい環境を提供しています。

図書館司書になるために役立つ資料を
無料でもらう事が出来ます。

図書館司書の資質として、分類や目録レファレンスといった
分野のほかに最近注目をあつめている利用者向けのサービスと
いった対人的な部分についても学ぶことができます。
情報化が進む図書館の今後の方向性を担う図書館司書の
資格と技術が身につく、通信講座が人気を呼んでいる
理由でもあります。

通信講座なら期間は1年ほどで費用も少なく済みます。

司書の通信講座はコチラから見つかります。
 ↓ ↓
図書館司書の通信講座

図書館司書の資格

図書館司書の資格を取る

図書館司書の資格は大学へ通うか通信講座で
取得することができます。

大学で資格を取る場合は、高校からの進学なら
図書館学が履修できる学校で勉強をすることで
図書館司書の資格を取ることができます。

すでに大学を卒業している場合は、必要な科目を
追加で履修することで、図書館司書の資格を
取る事ができます。

追加で履修する場合は集中講座を履修したり
一年を通して科目を履修することで
図書館司書の資格を得ることができます。
 ↓
図書館司書 都道府県別

都道府県別で図書館学が履修できる学校がわかりますから
通いやすい大学を簡単に探せます。

司書・司書補の資格を取るなら、まずは資格が取れる
学校を探すのが必要です。
 ↓
司書<国>

図書館司書の資格

図書館司書の資格を取るには

図書館司書はどやったら取れるのでしょうか。
司書資格を取る方法は大きくわけて3つあります。
・大学や専門学校等で司書講習を修了して資格を得る。
・大学で司書資格取得の必須科目を履修し、資格を得る。
・3年以上司書補として勤務経験があり、司書講習を修了して資格を得る。
このいずれかを行うことで司書資格を得ることが出来ます。
反対のこのいずれかでしか司書の資格は取れません。

必修科目の履修については、大学で夏季に集中して
合宿が模様されることもあり、図書館司書を目指す学生などが
受講しています。これが一番司書の資格の取り方では
一般的です。

最近では、社会人や主婦の図書館司書取得希望者も多く、
通信講座で図書館司書資格がとれる講座の人気があります。

図書館司書資格の要件としては以下の内容が必要です。
一般的には図書館司書資格を取得するためには、大学卒業もしくは
専門学校卒業の上で、司書講習を受けることが必要だと
思われているようですが、その他にも高校または高等専門学校
卒業者でも、司書補の講習を受けて司書補の資格を取得し、
3年間司書補として勤務することでも資格取得が可能になります。
また、通信教育で司書資格と大学卒業資格をあわせて手に入れる
ことも出来ます。
大学卒業資格者に比べると履修科目は増えますが、あわせて
大卒資格もてに入るため、用途にあわせて司書・司書補を
選択することができます。

図書館司書の難しさ

図書館司書教諭

学校図書館法が想定している学校図書館の司書を司書教諭と
いいます。司書教諭は省令で定められた講習を修了した
教諭が取得できる資格で、実際には司書教諭の不足が
目立ち一般教諭が司書教諭をかねることも多くなっています。
このことを受け、公立図書館から司書が異動し事務職員として
学校司書になることが多くなってきました。
司書教諭の不足を補う学校司書の補充について、学校図書館の
運営拡充の意味合いから、学校司書の充実が進められて
います。
学校司書には、通常の図書館司書同様に運営や企画に
関わる部分の充実という目的があります。

図書館司書の問題点として日本の司書に対する
比較的待遇が低い点については
以前から問題視されており、とりわけ理系分野の書籍に
対する対応が出来ない司書が多く存在することが
問題視されています。
また、資料の選択についても司書の一存できまるところや
ベストセラー書籍の大量購入に伴い、販売率が低下
しているとする一部の出版社からの批判もあり図書館の
あり方が問われています。
図書館司書の専門性について認知度が低いことについても
幾度となく問題が取り上げられましたが、未だに浸透して
いません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。