図書館司書の資格

図書館司書の資格を取るには

図書館司書はどやったら取れるのでしょうか。
司書資格を取る方法は大きくわけて3つあります。
・大学や専門学校等で司書講習を修了して資格を得る。
・大学で司書資格取得の必須科目を履修し、資格を得る。
・3年以上司書補として勤務経験があり、司書講習を修了して資格を得る。
このいずれかを行うことで司書資格を得ることが出来ます。
反対のこのいずれかでしか司書の資格は取れません。

必修科目の履修については、大学で夏季に集中して
合宿が模様されることもあり、図書館司書を目指す学生などが
受講しています。これが一番司書の資格の取り方では
一般的です。

最近では、社会人や主婦の図書館司書取得希望者も多く、
通信講座で図書館司書資格がとれる講座の人気があります。

図書館司書資格の要件としては以下の内容が必要です。
一般的には図書館司書資格を取得するためには、大学卒業もしくは
専門学校卒業の上で、司書講習を受けることが必要だと
思われているようですが、その他にも高校または高等専門学校
卒業者でも、司書補の講習を受けて司書補の資格を取得し、
3年間司書補として勤務することでも資格取得が可能になります。
また、通信教育で司書資格と大学卒業資格をあわせて手に入れる
ことも出来ます。
大学卒業資格者に比べると履修科目は増えますが、あわせて
大卒資格もてに入るため、用途にあわせて司書・司書補を
選択することができます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。