図書館司書の仕事

図書館司書の貸し出し業務と資料の管理

図書館司書の業務として、資料の貸し出し業務があります。

蔵書は閉架書庫と開架書庫と呼ばれる書棚に分類して
管理しています。図書館司書がどちらの書棚で管理するかを
決め、利用者から要望をうけて蔵書の案内を行います。

この際に司書は利用者の要望を受けて図書館内の資料を
探す方法を伝えたり、書籍の選定を行ったりします。

このあたりの業務では、図書館司書の知識と経験が
問われる部分であり、また非常に楽しい部分でもあります。
紹介する際も、単純に図書館内ある書類にとどまらず、
他の図書館との受け渡しを行ったり、書籍購入を行ったり
するのも図書館司書の仕事です。

資料について永久保存がもとめられる場合としては、
その地域の郷土資料や自治体の発行する資料など
他の図書館で保管があまり望めないものについて
図書館司書に選択され優先的に保管されることが
多く存在します。

反対に、蔵書が多いベストセラー書籍などや雑誌等の
他の図書館でも利用保管されるものについては、司書同士で
連携し、他の図書館と分割して司書が保管していく場合があります。
最終的に雑誌などを廃棄する場合も地域性の強いものを図書館司書が
抜粋して、保管する場合もあります。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。