図書館司書の仕事

図書館での司書の業務

図書館司書の一般的な業務として認識されている
窓口業務ですが、海外や大きな大学などでは
司書ではなく単純業務であるため別に人を
雇っているところが多く存在します。

ただ、ほとんどの図書館ではそこまで多くの人件費を
取れないという現状と、司書が利用者の窓口で
利用状況を知るという目的から司書の業務上かなりの
ウエイトをしめています。

そのため、図書館司書の業務というと窓口での蔵書の貸し出しと
返却を行う人というイメージが強くなっています。

図書館司書の仕事にも広報活動も含まれます。
地方自治体の広報誌での蔵書の紹介や掲示板での
紹介などがあります。

主に図書館の特質を紹介したり、優れた資料の紹介
なども行います。
また、展示会などの催しものもあり、郷土や出身作家の
資料の展示会なども行います。

主な目的としては、図書館の利用方法説明や
良質な資料の紹介などがあります。
司書の仕事の中でも対外的な部分が強く、企画的な
要素も多い仕事になります。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。